光宗信吉(みつむね・しんきち)

1963年10月8日、福岡県福岡市に生まれる。立教大学経済学部卒業。
4歳よりヤマハ音楽教室に通い音感トレーニングを受ける。
10歳よりエレクトーンを始め、中学生のときにジャズ・オルガンを沖浩一氏に師事する。
大学在学中よりバックバンドの仕事を始め、その後、ジャズ・ボーカリスト、
マリーンのバンドに約2年間在籍。各地のジャズフェスなどに出演する。

1995年、初めてアニメの劇伴(ナースエンジェルりりかSOS)を手がけ、
フル・オーケストラによる重厚で上質な音楽が注目を集める。
1997年「少女革命ウテナ」、2000年〜2004年「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」、2004年〜2013年「ローゼンメイデン」シリーズ、2005年「魔法先生ネギま!」、2006年〜2012年「ゼロの使い魔」シリーズなど、
数々のヒット・アニメの音楽を手がける。